FC2ブログ

ほっとくんの日々淡々と

整体院での出来事や、健康に役立つ情報などを紹介するブログです。

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x]
Comment [x]
 
週末25日、26日と一姫は岡山へ競技エアロビックの練習に参加。

初日の25日は、クラブチームのお友達の家に連れて行ってもらい、2日目はほっとくんが付き添って同行。

もともと小学3年生の頃、キッズエアロビックとして鳥取で通い始めたエアロだったが、年を経るごとに少しずつスキルもアップし、ちょこちょこ競技会へも参加するようになり、本格的に競技エアロがしたいと思っていた頃、思いがけず岡山のクラブチームから声がかかり、一姫を含めた鳥取の3名の選手クラスの子ども達と、岡山の選手クラスの子ども達でチームを組まないかとの申し出があり、一姫が中学2年の時から、岡山のクラブチームBREEZEの一員となることになった。

チームBREEZE

BREEZEは岡山のクラブチームであるが、一姫はじめ鳥取(現在一姫を含め4名)と香川からも参加している下は小学生から上は60歳の女性の方まで様々な年代の方が集まる、とても仲の良い楽しいクラブである。

また、岡山は鳥取と比べエアロビックが盛んなところで、特にユース世代(小学生から高校1年の16歳)のレベルは全国的にも高い地域である。

17歳からは一般女子となるため、ユース世代は一姫も今年が最後である。

今年度ルール変更に伴い、一姫のシングル演技も振り付けを変更する必要があり、25日は午前中振り付けの直しがあり、午後から6月に開催されるスズキジャパンカップ全日本エアロビック選手権大会県予選のセミナーに参加。

そして2日目の26日は全日本連盟のお偉いさんでもある管野先生の講習会に参加。

ところで競技エアロビックとは、一般的にイメージされるインストラクターの動きに合わせて身体を動かすものとは、かなり違って、ルーティンといって腕だけで身体を支えて床の上を回ったり、片手でプッシュアップ(腕立て伏せ)したり、器械体操の床運動のようなハードな面と、新体操のようにしなやかに動くハードとソフトが合わさった競技である。

ところが、一姫は昨年秋以降、受験勉強にどっぷりとつかり、本格的な練習は久々であり、動きにキレがない

本人も身体が重く感じていたようだ。

受験勉強でなまった身体に鞭打ち、どうにかこうにか、その日の講習会を終えた。

講習会終了後、ちゃっかりと、管野先生のサインをGETし、帰路へと就いた。

この日の様子は管野先生のブログで確認してみて下さいね。

⇒ かんちゃんいっぱいいっぱい日記

パート2へと続く
スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。