FC2ブログ

ほっとくんの日々淡々と

整体院での出来事や、健康に役立つ情報などを紹介するブログです。

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x]
Comment [x]
 
ダイエットと呼吸について、少しだけ考察してみることにします。

効果的にダイエットするためには、運動は必要なことなのですが、総じて、ダイエットをしなくてはならない人に限って、運動を行わない方が多いです。

いや、運動をしないのではなく、身体が重くて、身体を動かすことが億劫なのでしょう。

で、身体を動かさないから、ますます代謝が悪くなり、身体は冷え、脂肪の燃焼率は落ち。。。そんなこんなで、悪循環を繰り返してしまいます。

ところで、脂肪を燃焼させるためには酸素が必要なのですが、酸素の摂取に気を遣われている方は少ないように思います。

呼吸は、腹式呼吸が良いとよく言われますが、本当の腹式呼吸は、よほど修業を積んだ方でないとできるものではありません。

シロウトが下手に腹式呼吸をすると、腹圧などの影響もあり、内臓を痛める場合もあります。

呼吸は腹式呼吸にこだわる必要はありません。

深い呼吸をするためには、胸郭の柔軟性が必要ですが、多くの方が背中が丸くなり、胸郭が閉じてしまい柔軟性を失っています。

胸郭が閉じてしまっていると、深い呼吸をしようとしても胸郭が柔軟性を失っており、胸郭が上手く開かないため肺も膨らまず、結果的に酸素の摂取量も少なくなってしまいます。

酸素の摂取量が少ないと酸欠から、頭が痛くなったり、疲労物質である乳酸も上手く排泄できなくなり、乳酸が固まってコリとなったり、もちろん脂肪の燃焼率も悪くなります。

また、深い呼吸は精神の安定にも大切なことです。

そこで、呼吸を使った簡単な運動法を紹介します。

5分間もあればできるので、毎日時間があるときにでもやってみましょう!

胸郭を柔軟にする呼吸方法として、私も実践している方法ですが、イスなどに軽く腰掛け,両手を肩の上に置き、ゆっくりと鼻から息を吸いながら肘を真横に持ち挙げ、挙がりきったらゆっくりと肘を降ろしながら息を吐いていきます。

ゆっくりと10回位繰り返します。

これは、肘を持ち挙げていったときに胸郭が広がり、肘を降ろしていくと胸郭が閉じるという動作を繰り返すことになるので、徐々に胸郭の動きが良くなっていきます。

また、横にしていた肘を、前に持っていって、同じ動作を繰り返すと、今度は胸郭の動きが変わり、肘を持ち挙げると胸郭が上に回るように動き、反対の背中側の筋肉(特に腰部)が縮む形となりますので、背中や腰の張りをある程度緩めることができます。

肘の向きを変え、どちらも気の向いたときに10回ずつされると、呼吸も楽になるかと思います。

何事も「継続は力なり!」

参考にして頂けると幸いです。
スポンサーサイト
 
先日、二太郎が所属するサッカーチームVAMOS、が出場したクラブユースを観戦してきました。

公立の中学校の部活に所属している子ども達に中学総体があるように、クラブチームに所属している子ども達は、クラブチームだけを集めて開催するクラブユースが毎年行われます。

予選リーグから始まり、A、B、C各ブロックを勝ち上がった1位リーグ3チームと2位リーグ3チームによる順位決定リーグが行われました。

我が二太郎が所属するチームは結果から言えば全体で5位となり、次に続く中国大会への切符を獲得することはなかったのですが、予選リーグから通して、勝ちか引き分け以外負けはなく、いずれも他のチームとの得失点差に泣いた試合でした。

思えば、二太郎が所属しているチームの試合を始めて観戦したのが、二太郎が小6の時、高円宮杯県大会決勝戦でした。

その時のレギュラーは、皆運動能力の非常に高い選手が多く、本当に強いという印象でしたが、その子達が中学を卒業し、二太郎が入会した昨年はなかなか良い結果は残せませんでした。

あれから1年が経ち、二太郎も2年目を迎え、昨年はケチョンケチョンに力の差を見せつけられた相手チームに引き分けられるまでに成長したのを見ることができ、子ども達の成長を感じると共に、監督、コーチの指導のありがたさを感じる大会でした。

子ども達の勝ちたい、負けないという気持ちが強く出ていて、秋の高円宮杯に向けてより強いチームへと成長していくのが感じられた、何となく後味が爽快な大会でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。